たるみの無くなった顔

生活習慣

たるみのない肌

たるみは、主に紫外線や乾燥肌、ストレスが原因となって発症されます。
しかし、他にもたるみの原因となる部分はあります。それは、「生活習慣要因」です。
生活習慣要因とは、不規則な生活が原因で発症されるたるみの事です。
特に、喫煙や睡眠不足、乱れた食生活などが原因として挙げられます。タバコというものは、「ニコチン」が含まれています。この「ニコチン」は血管を収縮させてしまう働きをします。
血管が収縮されてしまうと、血行が上手く流れなくなってしまいます。
血行が上手く流れないと、本来流れるべき酸素や栄養素が十分に運べなくなってきてしまい、肌機能を低下させてしまいます。
また、タバコに含まれるニコチンは、体内にあるビタミンCの働きを抑制させてしまう働きをします。
ビタミンCは、お肌にとって重要な栄養素です。美容液や美容外科で施術される点滴の中にもビタミンCは含まれています。
ビタミンCの働きが抑制されてしまうと、コラーゲンの生成が鈍くなってしまったり、メラニンの生成を遅らせてしまいます。こうした障害からたるみや、シワ、しみなどの三大トラブルが発症されてしまいます。

喫煙の他にも、原因となる要素があります。
それは、「睡眠不足」です。睡眠とは、健康的なお肌を作るのに重要な作業です。
睡眠によって成長ホルモンが分泌されていき、皮膚細胞を活発的に構成させていきます。
睡眠が不足してしまうと、成長ホルモンが分泌されなくなり、皮膚細胞が構成されなくなってしまい、肌の新陳代謝がスムーズに進まなくなります。
そうすると、肌に必要な栄養素もなくなり、たるみというトラブルに繋がってしまいます。

Comments are closed.

アーカイブ
カテゴリー