たるみの無くなった顔

三大トラブル

うっとりする顔

人間は年を重ねる毎に肌機能が低下してしまいます。
そうすると、お肌のハリや弾力がなくなってしまい、様々なトラブルを引き起こしてしまいます。
顔に出来るトラブルには大きく3つのタイプに分かれています。その3つのタイプとなるのが、「しみ」、「しわ」、「たるみ」です。
これらのトラブルを、美容外科では「お肌の三大トラブル」と呼ばれています。
この三大トラブルは、女性にとっては避けたいものです。しみやしわ、たるみなどのトラブルを発症させない為にも、日頃のスキンケアは必要です。
三大トラブルの中でも特に避けたいのが、「たるみ」です。
たるみがひどくなってしまうと、顔全体の弾力がなくなってしまいます。
男性であれば、顔のたるみなどはそこまで気にしませんが、女性の顔のたるみとなると、実年齢よりも老けて見られるので、精神的なショックも大きいです。

このたるみですが、大きく3つの原因が考えられます。その3つとなるのが、「外的要因」、「内的要因」、「生活習慣要因」です。
外的要因とは、紫外線や乾燥が原因となって発症されるたるみです。特に紫外線は外的要因の中でも大部分を占めています。
紫外線というものは、お肌にあるコラーゲンやエラスチンなどの成分を破壊させてしまいます。
コラーゲンやエラスチンが破壊されてしまうと、肌に弾力がなくなってしまい、たるみなどの症状が出てしまいます。

内的要因とは、精神的な部分から発症されるたるみです。
ストレスを溜めすぎてしまうと、「ストレスホルモン」という成分が分泌されてしまい、お肌の免疫機能を低下させてしまいます。
免疫機能が低下してしまうと、たるみだけに限らず、シミやしわなどのトラブルも引き起こしてしまいます。

Comments are closed.

アーカイブ
カテゴリー